もっと簡単に稼ぎたいあなたに!!!

plus token(プラストークン)が飛んだ!?

投資初心者

こんにちは!🐍

あなご(´ω`)です🐍

2019年6月30日、最速情報が入ってきました!!!

 

plus token(プラストークン)が飛んだ!?

 

plus token(プラストークン)が飛んだかもしれません!

そんな情報が入ってきました。

出金ができないというユーザーの声が出ています。

Twitter / ?

 

27日から、plus token(プラストークン)が出金できないとの報告が中国から来ていました。

原因は、ブロックチェーンネットワーク全体が渋滞していると言われています。

 

2019年6月29日の朝、plus token(プラストークン)にて2度に渡り、2,000BTC(ビットコイン)がハッカーと思われるものに引き出し要求を受けているのを感知されました。

その影響で、plus token(プラストークン)がハッキング被害に遭い現在出金を一時停止しているみたいです。

ハッキング防止システムにより29日の午後には対処し、ハッカーから被害を逃れることができたようです。

plus token(プラストークン)は、ホットウォレット(オンラインのウォレット)からコールドウォレット(オフラインのウォレット)に移す作業をし、ハッキング対策を行っています。

 

2019年7月1日の最新情報!

2019年7月1日に、バヌアツ共和国で中国人6人が逮捕されたと報じられました。

なんとその6人がplus token(プラストークン)の創立メンバーのようです。

逮捕理由としては、不法的なインターネット詐欺の疑いだそうです。

この情報を受け、入金できて出金できない状態のことから持ち逃げに疑惑が上がっています。

2019年7月2日をめどに、復旧し大型アップデートをする予定とのことなので続報が出るのを待ってみるしかないですね。

 

(追記:2019年7月2日)

バヌアツでプラストークン関係者が持ち逃げ疑惑で逮捕!とありますが、これは中国人がバヌアツで逮捕された事だけが事実であって、その他のプラストークンに関連付けしてる内容は全てデタラメだと思われます。

ソース記事の英文を読んでも全くプラストークンに関係ないです。

何故か中国語に訳された時に、プラストークンの関係者が持ち逃げして逮捕された疑惑⁈となり、その文面が日本や韓国語に訳されて広まったということです。

参照記事はこちら

 

 

バイナンスのハッキング事件

バイナンスのハッキング事件とは、2019年5月7日に起きたハッキング事件です。

バイナンスという取引所から約4100万ドル(約45億円)分のビットコインが不正に引き出されました。この影響を受け、5月14日までの1週間入出金が停止になりました。

 

世界でも有名な取引所でも起きている事件なので、そこまで心配する必要はないでしょう。

 

plus token(プラストークン)のイーサスキャン(イーサリアムをどれだけ持ってるか分かる)で2億ドル以上保有しているので、もしハッキングされた分のお金が失くなっていたとしても補填はされると思います。

plus token(プラストークン)のイーサスキャン

現状では、これまで通りログインできるようになり、配当も確認できているとのことです。

plus token(プラストークン)同士の送金問題もないようです。ただ、外部への着金だけは今のところできていません。

 

plus token(プラストークン)とは?

 

ここからは、plus token(プラストークン)とはなんぞや?と思う方に向けてplus token(プラストークン)のご紹介をしていきます。

 

plus token(プラストークン)は、専用のウォレットにお金を預け入れるだけで報酬がもらえる配当型ウォレットです。預けた資産の約10%が毎月入ってくるような仕組みになっています。また複利運用も可能なので資産運用が効果的に行えます。

加えて、plus token(プラストークン)独自の通貨も発行しています。

plus token(プラストークン)の基本情報

日本リリース:2018年8月
最低運用額:500ドル(約56,000円)
日利:0.3%
月利:約10%
発行枚数:5億枚
運用可能通貨:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、ダッシュ、ドージコイン
運営:プラストークン財団(韓国)

 

plus token(プラストークン)の特徴

 

plus token(プラストークン)の特徴は3つあります。

特徴
1. 月利10%を実現している「AI-Dog」と「販促広告費」
2. セキュリティが万全
3. 東南アジア初、STO取引所

1. 月利10%を実現している「AI-Dog」と「販促広告費」

①AI-DOG

plus token(プラストークン)が月利10%を実現できているのは、「AI-Dog」と呼ばれるAI(人工知能)によって生み出される儲けを生み出していることにあります。

AI-Dogは取引所間の価格差を利用して、ユーザーから預かったお金を取引してその価格差の利益をユーザーに返還していることになります。これをアービトラージ(日本語で裁定取引)と言います。

 

②販促広告費

販促広告費とは、既存のユーザーに配当金を出して、ユーザーがplus token(プラストークン)を広めてもらうことを目的にしています。

取引所としての拡大を目指すために必要なことは、新規ユーザーの確保です。

今では、テレビのCMやSNSなど広告が世の中に溢れています。その中には嘘の情報も混ざっている可能性もありますが、それを見た一般の人々にはわかりません。怪しい広告も増えてきており、また信用を獲得するには多額の費用がかかってくるために広告を出すのは難しい現状があります。

しかし、口コミだとそういった広告よりは費用を抑えて信用得ることもできると考えplus token(プラストークン)は配当を出しています。

 

2. セキュリティが万全

plus token(プラストークン)は、出金する際に顔認証をする必要があります。

これは他の仮想通貨にはない最高のセキュリティだと言えるでしょう。

しかし、スマートフォンを失くしたり盗まれたりしてしまったりした場合、本人でもそれまで使っていたウォレットには一切入れなくなってしまいます。

セキュリティが万全すぎるがためにこういうことも起きてしまいます笑

仮想通貨はセキュリティ面が不安視されているので、これはかなり大きい特徴だと言えるでしょう。

 

3. 東南アジア初、STO取引所

plus token(プラストークン)は、2018年11月に東南アジアでは初めてSTO取引の認可を取得しました。

STOはSecurity Token Offeringの略で、従来のICOに変わる新たな資金調達の方法です。ICOとは異なり金融庁などの監視の下で株式取引など同じように金融商品取引法が適用されます。

そのため、詐欺とは疑われずに安全に資金調達を行うことができます。

 

ICOとは?
ICOとは、「Initial Coin Offering (新規仮想通貨公開)」と言います。資金調達をしたい企業や事業が独自の仮想通貨を発行し販売することで資金調達をすることです。

 

plus token(プラストークン)のまとめ

 

今回は、plus token(プラストークン)の出金規制とplus token(プラストークン)について解説しました。

plus token(プラストークン)が飛んだ思われた原因として、出金ができないということだったんですが、ハッキング被害による出金規制が行われているだけのようです。

いずれにせよ、7月2日にはアップデートを待ち、規制が解除されることを望むしかありませんね。

 

 

それでは

 

コメント

  1. Virtualization Consulting より:

    Microsoft’s Hyper-V virtualization solutions are relatively new,
    so it’s important that you partner with a Microsoft Gold Certified Firm
    with verifiable real world experience with Hyper-V.

    LG Networks not only runs its own 30+ server datacenter on Hyper-V R2,
    but has successfully deployed Microsoft Hyper-V for our early-adopter clients.
    We’re capable of solving your Hyper-V issues and restoring and optimizing
    your load balancing, failover, and clustering.ystem Center Virtual Machine Manager is the toolset
    used by LG Networks server virtualization consultants to manage the virtualized data center.
    Virtual Machine Manager enables increased physical server utilization,
    centralized management of virtual machine infrastructure
    and rapid provisioning of new virtual machines LG Networks, Inc.
    ystem Center Virtual Machine Manager is the toolset used by LG Networks server virtualization consultants to manage the virtualized data center.
    Virtual Machine Manager enables increased physical server utilization, centralized management of virtual
    machine infrastructure and rapid provisioning of new virtual machines http://see-life.ru/bitrix/rk.php?goto=https://lgnetworksinc.com%2Fit-support%2F

  2. Gretchen より:

    Wow, this article is fastidious, my sister is analyzing such things, thus
    I am going to inform her. Hello there, I do believe your web site might be having internet browser compatibility issues.
    When I take a look at your site in Safari, it looks fine but when opening in IE,
    it has some overlapping issues. I just wanted to give you a quick heads up!
    Other than that, excellent blog! I couldn’t resist
    commenting. Perfectly written! http://Nestle.com/

  3. Maryellen より:

    Howdy, i read your blog from time to time and i own a similar
    one and i was just curious if you get a lot of spam feedback?
    If so how do you stop it, any plugin or anything you can advise?
    I get so much lately it’s driving me mad so any assistance is very much appreciated.
    I could not refrain from commenting. Well written! It’s appropriate time to make a few plans for the longer term and it is time to be
    happy. I have learn this post and if I may I wish to counsel you few fascinating issues or
    suggestions. Perhaps you can write subsequent articles referring
    to this article. I want to learn more things about
    it! http://foxnews.co.uk

  4. Outsourced IT より:

    What Are Outsourced IT Services?
    Redistributed IT administrations are the point
    at which you employ an outside organization to deal with your IT
    needs. An outsider oversaw specialist organization (MSP) can cover everything from the
    security of systems and the usage of working frameworks to the establishment
    of programming and the reinforcement of documents.

    Note that re-appropriated IT administrations are not simply break/fix administrations.
    A break/fix specialist comes to you when something is broken, charging an hourly expense
    to analyze and fix the issue. A break/fix administration may appear to be more affordable since you possibly pay when you have an issue, yet it’s probably going to be all
    the more exorbitant over the long haul. They have next to zero motivator to work rapidly or cause
    a steady fix since they to get paid more in the event that it requires them a long investment or different excursions to fix something.

    In contrast to break/fix benefits, an oversaw IT specialist organization constructs an association with
    your organization, always checking your system for a month to month charge.
    MSPs are there to keep your system running easily, not simply to fix issues, so they
    have increasingly motivator to locate a quick, dependable arrangement if something goes off-base.

    It’s better for you and the specialist
    organization on the off chance that they kill dangers and fix issues as they occur.
    Taking care of an issue the first run through methods less work for them and urges you to proceed with your participation. https://www.lgnetworksinc.com/fractional-outsourcing-it-services/

  5. Free Sex Cam より:

    Would you like to see and talk to sexy girls for free? If so, then visit http://taraa.xyz/fl5

タイトルとURLをコピーしました